長かった道のり

50代 スキンダイビング 旅 ガーデニング メイク 躁鬱病

カモミールの花が咲きました。

この可愛らしい花は、香りが良く、お茶になったり、アロマオイルになったりします。

私はこの香りが好きで、ラベンダーと混ざった香りのボディクリームを使用しています。

夏のサンダルを買いました(^▽^)

どこへいこうかな。

今日は、心療内科に、検査結果を訊きに行ったのですが、発達障害ですねとのことでした。

自分では分かっていたし、そうならそうではっきり診断されたら楽だと思っていましたが、いざ言われると少しはショックですね。

ああ、劣っているんだなと。

ただ、私は自分が劣っている所が解っていたために、それをカバーする方法を学んできたと思います。

そしてはっきり解って楽になったことも事実です。

自分を蔑んだり、責めたりしなくて済みます。

できないのは、私の怠慢でなく、特性なのだと、納得させられます。

私が子供の頃は、発達障害という概念はなく、私は、落ち着きのない変わった行動をする問題児でした。

思春期になると、周囲と合わせることが苦痛でなりませんでしたね。

社会へ出てもうまく適応できずに、転職を繰り返し、苦しみました。

原因が解るまでの長い道のりでした。

来月の開花に向けて薔薇が準備をしています。

私は病気になっている薔薇の消毒に追われています。

不思議なもので、美しく、いかにも手がかかりそうな薔薇ほど丈夫です。

ピエール・ド・ロンサールなんて、名前からして、気難しそうな手がかかりそうなこの薔薇は病気の薔薇に囲まれても平気で、大きなつぼみをたくさんつけています。

この先は決して楽な未来ではないですが、今は長いこと頑張ってきた自分を信じて、とりあえず来月の薔薇を楽しみに、毎日を一生懸命生きていきます。(o^―^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました